概要

 小児リハビリテーションでは、発達障害などがあるお子さんに対しリハビリテーションを行います。

特色・方針・目標

 運動面やコミュニケーションなどについて、それぞれのお子さんの発達に応じて、療法士が個別に発達支援を行っていきます。また、お子さんが楽しく園や学校での生活が送れるように、保護者や先生の相談に対応いたします。

 まず、博愛こども発達・在宅支援クリニックを受診していただき、クリニックからの紹介で、病院の小児リハビリテーション外来(予約制)を受診していただき診察いたします。

 クリニックでは発達の経過を診察し、病院ではリハビリテーションの計画立案と経過診察を行います。

 定期的にクリニック脳神経小児科医、リハビリテーション専任小児科医、療法士でカンファレンスを行い、クリニックと病院で発達支援の連携を図ります。

小児リハビリテーション外来紹介

 

主な対象疾患

 全般性発達障害、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動障害、言語発達遅滞、知的障害、ダウン症候群など

主な症状

 運動発達の遅れ、知的発達の遅れ、構音障害、多動、コミュニケーションが苦手、ソーシャルスキルが身についていない、手先の不器用さなど

医師紹介

詳しくはこちら

医師名

主な所属学会と資格

福永 真紀

小児リハビリテーション担当医師(博愛こども発達・在宅支援クリニック医師)

  • 日本小児科学会(専門医)
  • 日本小児感染症学会

診療部

page-departments.php

  • 介護老人保健施設やわらぎ
  • 施設案内 フロアマップ
  • お見舞いメール
  • 人間ドック受診予約
  • 病児保育かるがも
  • 博愛こども発達・在宅支援クリニック
  • 在宅医療センター
  • 採用情報
  • 敷地内禁煙
  • 病院情報の公表