外来

部署概要

各診療科、内視鏡室、訪問診療、病児保育、ドック健診センター

師長

本田 恵子

 私たち外来看護師は、病院の理念・方針にそって専門職として豊かな心と感性を持ち、一人ひとりの患者さんとその家族の思いに寄り添って、外来診療から入院の関わり、退院後の訪問診療まで関わっています。また、両親が働きやすい支援として病児保育にも関わり、予防医学推進としては、ドック健診センターでも活躍しています。多種にわたる部門の中で、自信のキャリアアップにつなげ、実践能力の維持向上を図っています。常に地域の方のニーズに対応できるよう努め、看護専門職としての倫理を遵守していきたいと考えています。

透析室

部署概要

透析機器:20台
患者さんのニーズに応じた透析医療を提供します。

師長

山澤 千津子(兼務)

 透析室は、透析機器が20台あり、現在、午前・午後の2クールで透析を行っています。外来通院が困難な方には、送迎サービスも行っています。透析は、シャント管理や食事、生活面での指導がとても重要になります。医師、看護師、臨床工学士、管理栄養士が常に連携をとり、1人1人の患者さんに合わせたケアを行っています。

手術室

看護部署紹介_手術室

部署概要

月平均手術件数70例

師長

山澤 千津子

 手術室では、看護師7名で中央材料室を兼務しています。手術診療科は消化器外科、血管外科、整形外科、婦人科、眼科で、その他内科の内視鏡的手術にも対応しています。「患者さんに安全な看護を提供する」をモットーに、専門的技術を必要とするため日々研鑽しています。日常業務では、看護スタッフや医師が和気あいあいと明るく笑顔で業務に励んでいます。新人ナースへはプリセプターを中心にスタッフ全員が手厚く家族的に関わります。是非一緒に働きましょう。

2階病棟

部署概要

病床数51床
地域包括ケア病棟

師長

加藤 美樹

 当病棟は、肺炎・骨折等の内科的・外科的急性期治療が必要な患者さんや、長引く急性期の治療や回復期においてリハビリを受ける患者さんへの看護を提供しています。「もとの生活に戻りたい」「自分で食べたい」「歩いて自宅に帰りたい」「自分でトイレに行きたい」等、患者・家族が望む退院に向けて、患者・家族に寄り添った退院支援を多職種チームで連携し行っていきます。

3階A病棟

部署概要

病床数38床
療養病棟

師長

渡部 明代

 『やさしく寄り添う、看護と介護』をスローガンに、患者さん・ご家族中心の看護を提供しています。医師、看護師、リハビリ担当者、ソーシャルワーカー、退院支援及び地域連携に係る看護師と情報交換を行い、退院後の療養生活に支障がないよう、在宅支援を行っています。また、緩和ケアチームとも連携し、ターミナル期の看護も行っています。

3階B病棟

看護部署紹介_3階B病棟

部署概要

病床数30床
回復期リハビリテーション病棟

師長

土井 恵子

 当病棟は、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折後の患者さんが、急性期治療を終え在宅復帰や社会復帰を目指す病棟です。リハビリ室で行うリハビリだけではなく、病棟での療養生活全てがリハビリテーションと捉え、日常生活動作の向上とセルフケア能力を引き出すリハビリテーション看護を提供しています。また、多職種と協働し、患者さんの意思や意欲を大切にしながら、その人らしい生活を目標に退院後の生活を見据えての看護の実践を目指しています。

4階A病棟

4階A病棟

部署概要

病床数41床
 地域包括ケア病床8床 、一般病床33床
平成30年から8床の地域包括ケア病床を立ち上げ、33床を急性期一般としています

師長

山崎 博美

 整形外科(大腿骨骨折、変形性膝関節症など)周術期を中心とし、内科(脳梗塞、肺炎、心不全、糖尿など)では急性期と回復過程に至るまで幅広い知識と技術を必要とします。地域包括ケア病床においても急性期と同様にリハビリスタッフも含めた他職種と連携を図りながら全ての患者さんにできるだけ入院前の生活に戻れるような日常生活動作の支援に力を入れています。

4階B病棟

部署概要

病床数39床
 一般病床、外科、婦人科、内科、小児科等の急性期病棟

師長

細田 友加

 外科や婦人科、消化器内科を中心に手術・検査予定入院や緊急入院に対応しています。出来るだけ早期に患者さんがもとの生活の場に戻れるよう、入院の時点から退院を視野に入れた関わりを持ち、多職種と連携しながら日常生活の支援を行っています。
また周手術期では、安心して手術を受けて頂き退院が目指せるように、多職種がチームとして疼痛管理や運動療法、在宅復帰へ向けた支援を行っています。

訪問看護ステーション

部署概要

病院併設の訪問看護ステーション
(在宅医療センター内に事業所があります)

師長

石橋 佐智子

 急性期から回復期,地域包括ケア病棟を有する病院併設のステーションです。入院時から退院支援に加わり、在宅チームとしての役割を発揮しています。小児から高齢者まで幅広い年齢層に対応し、特にがん末期の方の受け入れを積極的に行い、自宅看取りに力を入れています。昨年度から男性職員、新卒訪問看護師を新たに迎え、人材育成にも力を入れています。

男性看護師紹介

 

令和元年度時点で13名の男性看護師が活躍しています。

手術部所属

西村 大樹

 私は博愛病院の奨学金制度を受け看護師資格を取得しました。  就職後は知識・技術面において不安がありましたが、看護部教育体制が確立しており、看護技術を一つ一つ学び、現在は手術室で勤務しています。  また、私事ですが昨年は病気で半年以上の入院加療が必要になった際、金銭面での援助や、職種・部署を超えての大勢の職員の方の励ましにより無事職場復帰することができました。私は、博愛病院に就職して良かったと思っています。

訪問看護ステーション所属

中原 剛志

 在宅では寝たきりの方も多く、男性ということで頼りにされている事も多いと感じています。在宅看取りも多く、疼痛管理から意思決定支援まで幅広い知識が必要になります。私は訪問看護の経験はありませんでしたが、病棟で学んだ知識を活かし、先輩訪問看護師から沢山のことを学ぶとともに自己研鑽しながら在宅看護を学んでいます。家族の方や他職種との関わりも深まり、一人の利用者様と時間をかけて向き合うことで、本人・家族の意向に沿ったケアを行えることも魅力だと感じています。

  • 介護老人保健施設やわらぎ
  • 施設案内 フロアマップ
  • お見舞いメール
  • 人間ドック受診予約
  • 病児保育かるがも
  • 博愛こども発達・在宅支援クリニック
  • 在宅医療センター
  • 採用情報
  • 敷地内禁煙
  • 病院情報の公表