病院情報

理事長挨拶

医療法人同愛会 理事長
石部 裕一

 

〜ホームページへようこそ〜

 

 博愛病院は一世紀にわたり時代が求めるニーズに対応してアメーバのごとく形を変えながら生き続けてきました。その根底にあるものは「博愛」と「地域貢献」の志です。
 いま我が国の人口は1970〜90年を境に人口オーナス時代へと大きく転換する時、医療・福祉施策は大胆な転換を迫られています。私たちは高福祉高負担、中福祉中負担、あるいは低福祉低負担のどれを選択するかを決断するときです。現在の中福祉中負担政策の継続を求めるなら、個人負担の増加と同時に医療供給体制の合理化も避けられません。
 最近の厚労省政策は、限られた人的資源を効率的に活用し、切れ目のない医療・福祉サービスの体制を築くために、都道府県毎の「地域医療構想」に沿って進められています。
 その中で博愛病院には二つの役割が期待されています。一つは回復期リハビリ、医療依存度の高い療養患者など、大学病院など地域の他の急性期病院と連携した慢性期医療機能の充実であります。もう一つは、軽症急性期疾患患者をしっかりと診る機能に加えて、加茂・住吉など近隣地域の「地域包括ケアシステム」の中核医療機関としての役割です。具体的には、かかりつけ医として地域の皆様の健康を守ると共に、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリなどの在宅医療機能を充実して地域に貢献することです。
 一方で、同愛会としては新たな事業を模索していきます。昨年は「博愛こども発達・在宅支援クリニック」を開設しました。本年はドック健診センターで「保健指導」に焦点をあてた予防医療機能を充実していきます。また、近隣地域での新規医療事業展開も検討して参ります。
 これからも、同愛会は「いつまでも未完成」を自負して、「新しい医療・福祉・介護サービスの創造」を目指してまいります。皆様方のご支援を賜りますようお願いします。

 

令和元年冬

 

病院情報

page.php

  • 介護老人保健施設やわらぎ
  • 施設案内 フロアマップ
  • お見舞いメール
  • 人間ドック受診予約
  • 病児保育かるがも
  • 博愛こども発達・在宅支援クリニック
  • 在宅医療センター
  • 採用情報
  • 敷地内禁煙
  • 病院情報の公表